ホテル竹園芦屋協賛
第44回芦屋サマーカーニバル開催報告写真展

芦屋サマーフォト2022

写真展ご案内

開催期間

2022年9月10日(土)15:00 ~ 2022年9月18日(日)16:00

会場

ホテル竹園芦屋 1階フロント・2階通路

※会場提供ご協賛:ホテル竹園芦屋様

アクセス

芦屋市大原町10-1 ホテル竹園芦屋

JR芦屋駅からペデストリアンデッキ直結、徒歩1分

写真コンテスト結果発表

沢山のご応募ありがとうございました。

沢山のご応募があり、素敵な写真が集まりました。
実際の作品は写真展にて展示を行います。
入賞作品のほか、惜しくも選ばれなかった
優れた応募作も含め、多数作品を展示予定です。
ぜひお立ち寄りください。

審査総評

3年ぶりの芦屋サマーフォト写真コンテスト。来場者数を制限した開催に参加数は減るのではないか…その想像を大いに裏切る200点を超えるご応募があり、審査期間を延長して皆さんの作品を拝見させていただきました。

本年の特徴としては、会場外からの撮影が多く、今まで見たことの無い新鮮な画があったことです。家々の隙間から、マンションのベランダから、高台から。皆さんに花火が届いたことを知らせてくれるようで、大変嬉しい結果でした。また例年よりも、楽しむ人々や自分たちを写した作品も多かったと感じます。花火を待つワクワクした笑顔、喜びや切なさ、初めての花火に泣いてしまった子供…沢山の方がまつりを楽しんでくださったことに感謝します。

審査は2段階にわけて実施しました。予審査においては「芦屋サマーカーニバルらしいか」「楽しさや喜びが伝わってくるか」「その人にしか撮れない一枚か」といった評価点のほか、芸術性や技術を鑑み、総合的に判断を行い、32枚を選出しました。本審査は実際に大判出力した写真を並べて評価を行い、以下の7点が入賞作品に決まりました。審査は作品/タイトル/撮影者の感想の3つを評価物とし、主催者・NPO法人芦屋市民まつり協議会ならびに第44回芦屋サマーカーニバル実行委員会によって行われました。

写真展には、予審査選出の32枚を含む沢山の作品を展示します。ご応募になった方も、そうでない方も、ぜひ足をお運びください。沢山のご応募をありがとうございました。

入賞作品

入賞者ならびに入賞作品は以下の通りです。

最優秀賞

西川千明 様 撮影
タイトル「マジックアワーとコラボレーション」

第44回芦屋サマーカーニバル

【審査員講評】
本年はたくさんの応募があり、大変難しい審査となりましたが、被写体・画角・技術など多面的に考慮した結果、本作を最優秀賞に選ばせていただきました。まだ暮れ切らない西の空の、グラデーションがひと際美しい作品です。夜の花火、夕焼けが残っていたのは打上開始から10~15分程度と思われます。この一枚のために砂浜の最東端を位置取り、刻々と明るさの変わる中でタイミングを逃さないよう撮影するには、相応の準備や努力、何より、写真撮影の楽しみがあっただろうと拝察しました。神戸の山々より高くそびえる希望の狼煙、右手には沢山の観客が砂浜を埋め尽くし、しかし海は変わらず静かに凪いでいます。静けさの中で確かに熱く燃えるものがある…3年ぶりに観客を迎えて再起する、今年の芦屋サマーカーニバルそのものを感じさせたこの1枚に、最優秀賞を贈らせていただきます。

賞品はこちら

受賞者の方には最優秀賞品として
写真展開催協賛社 ホテル竹園芦屋 様より
「ホテル竹園利用券 1万円分」
が贈られます。

会長賞・実行委員長賞

会長賞
堀浩樹 様 撮影
タイトル「大輪に感動」

製作意図・講評・賞品

【審査員講評】
今年は会場外で撮影された作品のご応募も多くありました。その中でも最も力強く目を引いた一枚に、会長賞を贈らせていただきます。画面いっぱいに色とりどり炸裂する花火が、線となり1本1本美しく切り取られています。手前にシルエットとなって映る住宅が、作品の奥行を物語性を大いに高めており、画角の設定やレンズ・機材の選定にも多くこだわられた様子が伝わってきます。大きな大輪が夜空を埋め尽くし、家々まで、それぞれの過ごす場所まで希望の光を届けている、そんな芦屋サマーカーニバルの花火の象徴性を示す作品であると感じます。

【賞品】
受賞者の方にはNPO法人芦屋市民まつり協議会会長より
アサヒ軽金属工業株式会社 様ご提供
万能フライパン「オールパン® 大」
が贈られます。

実行委員長賞
田和弥
 様 
タイトル「希望の燈」

製作意図・講評・賞品

【審査員講評】
来場者数を限定しての開催になりましたが、会場内からも多くの撮影・ご応募を頂きました。その中でも、場の空気を感じさせる印象的な作品であったため、本作を実行委員長賞に選ばせていただいております。花火の青い澄んだ色と、皆の一途に花火を見上げる背中が、大きな音や歓声の拡がる中で一瞬スッと喧騒を消し集中させるような、花火にはっと心を奪われるような感覚を追体験させます。目線の高さから画角設定されていることで、まるで自分が砂浜に座って見たかのように感じます。

【賞品】
受賞者の方には芦屋サマーカーニバル実行委員長より
こだわり鶏肉専門店 芦屋鳥きよ 様ご提供
「鶏屋の水炊き 3人前」
が贈られます。

優秀賞・優良賞

優秀
森上敦子
 様 
タイトル「bright colors of fireworks」

製作意図・講評・賞品

【審査員講評】
花火の表情が特徴的な1枚です。きれいな直線や曲線を描くように撮られることが多い花火を、撮影技術を工夫して独特の作品に仕上げていることが察せられます。止まってしまうような時間の中で、実は花火はまっすぐ炸裂しているわけではなく、空気の抵抗を受けながら夜闇を探るように広がっているのでしょう。地面まで火の粉が落ちていく様子は、かなり花火に近い場所でなければ撮影できない画角です。こだわりと楽しさを感じました。

【賞品】
受賞者の方には優秀賞品として
アサヒ軽金属工業株式会社 様ご提供
万能フライパン「オールパン® 小」
が贈られます。

優良賞
浜田考夫 様 撮影
タイトル「アートな芦屋花火でした」

製作意図・講評・賞品

【審査員講評】
アートな花火を、アートな1枚に仕上げられています。花火以外の光がビー玉のようにコロコロと転がる表現も美しく、周辺をはっきりと写さないことで花火が一層際立っています。奥行が語るものの多いことも、この作品の特徴です。芦屋の浜辺の特徴を詰め込んだような景色…シーサイドタウン、キャナルパーク、湾岸線、そして潮芦屋ビーチの砂浜が描いた弧が、まさにここが芦屋であると語っているようで、絵になる一枚でした。

【賞品】
受賞者の方には優良賞品として
株式会社ハナヤ勘兵衛 様ご提供
「旅行用三脚・ハンディ自撮り棒セット」
が贈られます。

佳作

佳作
宮本泰幸 様 撮影
タイトル「バイバイsentimental」

製作意図・講評・賞品

【審査員講評】
人を題材にした写真の中で、物語性の最も強かったこの作品を佳作に選ばせていただきました。レトロなアルバムカバーのようなざらざらとした質感は、青春を回顧させるようなノスタルジーがあり、色の少ない暗い画面にも関わらず多くを語る1枚です。切なく寂しくも見えながら、タイトルからは未来への希望も感じられます。今までの応募にない意欲作でした。

【賞品】
受賞者の方には佳作賞品として
Bar芦屋日記 様ご提供
芦屋日記のビーフカレー
が贈られます。

佳作
長谷川博英
 様 
タイトル「I love Ashiya」

製作意図・講評・賞品

【審査員講評】
今年は山手より芦屋・神戸・大阪湾を見下ろす画角で撮影した作品が大変多く届き、激戦となりました。その中でも技術面・画面構成・花火の色合いなどで優れた本作品を佳作とさせていただきました。花火の色も街並みの色も鮮やかで、活気ある浜辺の街が魅力的な1枚です。

【賞品】
受賞者の方には佳作賞品として
Bar芦屋日記 様ご提供
芦屋日記のビーフカレー
が贈られます。

※賞状並びに入賞賞品は、応募時のご住所に発送いたします。クール便賞品においては賞状と目録をお送りし、発送日時をお伺いいたします。お手元に届くまで、今しばらくお待ちください!

※9月3日更新:8月31日公開時点において受賞者の方のお名前に誤記がございました。現在は記載を修正しております。正しくは上記のとおりです。大変失礼いたしました。

お問い合わせは

特定非営利活動法人芦屋市民まつり協議会
第44回芦屋サマーカーニバル実行委員会
芦屋サマーフォト2022係 宛

または

〒659-0051 呉川町16-14-11
電話 0797-35-0871
開局時間 平日11時~16時